ジョーク、アメリカンジョーク、ブラックジョーク、大人のユーモア、今日のジョーク ~笑えるネタを日本語で~

世界のジョークを日本語でまとめて紹介していきます。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、品の良いものだけではないことをご了承ください。面白い一言、名句も紹介します。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとして気軽にお楽しみください。

(今日のジョーク)交代の理由

設立して間もない激安エアラインのニューヨークからロンドン行き旅客機が、ケネディ空港でエンジンを始動させ、ゆっくりと滑走路へ向かった。

 

しかし、しばらくして飛行機は滑走路の上で突然止まり、元のゲートの位置まで戻ってしまった。

乗客たちはそのまま機内で待たされた。

 

しばらくして、パイロットが交代した、間もなく飛び立つ、という機内アナウンスがあった。

 

一人の乗客が不安に思い、キャビンアテンダントに、どうしてパイロットが突然交代したのか、理由を尋ねてみた。キャビンアテンダントは、さわやかな笑顔で、事情を説明した。

 

「機長と副操縦士が、『エンジンから異常な音がするので、このままでは飛べない』と言ったんです。そこで、もっと勇気のあるパイロットたちに交代してもらうことになりました。ご心配はいりません。彼らは、ちゃんと保険に入っていますから」

 

 

 

 

 

  

(今日のジョーク)人工知能搭載のロボット

お題「人工知能(AI)の進歩で世の中はどう変わるか?」

 

会社員のベンは妻のケイトと息子のジョニーの3人で暮らしていた。


会社が休みの日にネットサーフィンをしていたベンはある日、Amazonで最新式の人工知能技術に基づく「ウソ発見器」を搭載したロボットが売られているのを見つけた。興味を持ったベンは、そのロボットを注文した。ロボットは数日後にドローンで配達されて、ベンの家に届いた。

ベンは早速、この人工知能を搭載した「ウソ発見器」のロボットを試してみようと思った。そして、家族3人そろった夕食の時間に、このロボットをテーブルの上に置いた。

ジョニー:「パパ、これは何?」

ベン:「ああ、これは人工知能を搭載したウソ発見器のロボットさ。最新の機械学習技術で作られていて、ウソを検出すると、ウソをついた人を、ピシャリと叩いて注意するんだ」

ケイト:「へえ、面白そうね」

ベン:「ところで、ジョニー、今日はちゃんと宿題やったか?」

ジョニー:「うん、やった」

この会話を聞いて、ロボットは突然動き出した。

そして、息子のジョニーをピシャリと叩いた。

ジョニーは慌てて白状した。

ジョニー:「まだやってない。後でやるよ」

ケイト:「ところで、ジョニー、今日、お友達のお家では何をしていたの?」

ジョニー:「ケーブルテレビで映画を見ていた」

ケイト:「へえ。どんな映画を見ていたの?」

ジョニー:「トイ・ストーリー

この会話を聞いて、ロボットは再び動き出し、またしてもジョニーをピシャリと叩いた。

ジョニーはまた慌てて白状した。

ジョニー:「本当は、エロビデオ見てた」

ベン:「ジョニー、おまえはそんなもの見てたのか。パパがおまえくらいの年齢には、エロビデオなんて見たことはなかったぞ!」

この発言を聞いて、ロボットは再び動き出し、

父親のベンをピシャリと叩いた。

それを見ていた妻のケイトは笑い転げた。

ケイト:「さすが、血のつながった親子ね」

この発言に、ロボットはランプを点滅させて激しく反応しながら動き出し、今度はケイトをピシャリと叩いた。

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)キャッチボール

ビリーとブライアンは野球が大好きだった。

天気の良いある日、国道の近くの空き地で、2人はキャッチボールを楽しんでいた。

 

ところが、突然、ビリーの投げたボールがすっぽ抜けて大きく上にそれてしまい、国道にまで飛んで行った。

 

そのボールはちょうど通りかかった一台の車の目の前を転々ところがった。運転手は慌てて急ブレーキをかけた。そのすぐ後ろを走っていた車も前の車の急ブレーキに気づいてブレーキをかけたが間に合わず、そのまま先に急ブレーキをかけた車に激しく追突してしまった。さらにその後ろを走っていた車も次々衝突し、合計5台の乗用車がクラッシュする大惨事になった。

 

さらに続いて走ってきた大型トラックは、この衝突を避けようと急ハンドルを切り、大型トラックはそのまま近くのドラッグストアに突っ込んで店ごと大破してしまった。

 

煙が上がり、うめき声がこだまし、サイレンが鳴り響く中、ビリーとブライアンは、ぼう然と立ちつくした。

そして、ブライアンが重い口を開いた。


「ビリー、次にフォークボールを投げるときは、手首の使い方をもう少し工夫した方がいいな」

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)小さな教会での懺悔

秋が深まったある日、フランスの片田舎の小さな教会に、杖を突きながらひとりのおじいさんが懺悔(ざんげ)をしたいとたずねてきた。

 

老人:「神父様、それは今から70年以上も前の第2次世界大戦中の1944年のことです。一人の若くて美しい女性が、うちに飛び込んできました。彼女は、パルチザン狩りをしていたナチスドイツの兵隊に追われていて、かくまって欲しいと涙ながらに訴えました。私はそれがわかったら自分もどうなるかわからないと思いましたが、彼女を屋根裏部屋に案内して望み通りかくまうことにしました」

 

神父:「あなたは戦争中に、ナチスに追われている女性をかくまったというのですね。それは懺悔を必要とするようなことではありませんよ」

 

老人:「それが。。。実は、その女性はあまりに美しかったので、私は、うちの屋根裏部屋でかくまい食料も与える条件として、彼女に体を求めてしまったのです」

 

神父:「そのようなことがあったのですが。ご老人、私はその当時は生まれていませんでした。しかし、非常に困難な時代であったことはよく知っています。戦争中は、多くの人が命を失い、物資や食料も不足し、密告を受けたり不条理な理由でつらい目にあった人達もたくさんいました。あなたがしたことは、確かに懺悔を必要とすることかもしれません。しかし、その女性はナチスにつかまっていたらそれこそ本当にひどい目にあっていたでしょう。あなたは、そのことがが知られれば自分も危険な目にあうことを覚悟で、その女性をかくまい命を助けた。戦争中という特殊な状況を考えたとき、神はきっとあなたを許すでしょう」。

 

老人:「神父様、ありがとうございます。その言葉に、私は救われた思いです。ところで、ひとつご相談があります」

 

神父:「なんでしょう?」

 

 

老人:「その女性に、もう戦争は終わっている、と伝えるべきでしょうか?」

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)面倒見のよい老人ホーム

娘と暮らしてきたおばあちゃんが、高齢によって身体がすっかり衰えてきた。

今や、日々の生活も娘の手助けがないと出来ない。

親子は話しあい、おばあちゃんは老人ホームに入ることになった。

 

娘は老人ホームの介護士たちに、目を離さずしっかり世話をしてくれるように頼んだ。

介護士たちは真剣に娘の話を聞いた。

 

老人ホームでは、おばあちゃんは栄養のある食事を与えられ、体も清潔に保たれた。

昼には車椅子に乗ったままで、花いっぱいの手入れの行き届いたきれいな庭に連れ出され、外の新鮮な空気を吸った。

 

ところが、突然、車椅子に乗ったおばあちゃんの体が左に倒れそうになった。

介護士はこの異変を見逃さなかった。

すかさず身体を支え、まっすぐにした。

 

しばらくすると、おばあちゃんの体が、今度は右に倒れそうになっている。

介護士はまたもすかさず支え、大丈夫ですかと声をかけ、まっすぐに戻した。

 

しかし、またしばらくすると、おばあちゃんの体が、今度は前の方に倒れそうになっている。

介護士は今回もすぐに気づいて駆け寄り、声をかけ、支えてまっすぐにした。

 


翌日、娘が様子を見に老人ホームにやってきた。

 

娘:「面倒見がいい施設だって聞いたからここにしたけど、実際どう?」

母親:「ええ、とてもいいところよ。ただひとつを除いてね」

娘:「何か問題があるの?」

 

母親:「庭で車椅子に乗っているとき、こっそりおならをしようとすると、止められちゃうの」

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)天国の野球

トムとボビーは昔からの友達で、大の野球好きだった。

同じ草野球のチームで仲良くプレーしてきた2人も、すこしずつ歳をとってきた。そして、寿命が来て天国に行くことになったとき、天国にも野球があるのか心配になってきた。

 

そこで、もし2人のうち1人が死んだら、先に死んだ方が幽霊になって地上に戻って、天国でも野球ができるか伝える、という約束をした。

 

先に寿命が来たのはトムだった。葬式が終わって数日後、トムは約束通り幽霊になってボビーの元を訪れた。

 

ボビー:「やあ、トム。天国はどうだい?そっちにも、野球はあるかい?」

トム:「それが、いいニュースと悪いニュースがあるんだ。最初に、いいニュースの方な。天国にもちゃんと野球はあった」

ボビー:「おー、それはよかった。安心したよ。で、悪いニュースは?」

 

トム:「明日の予告先発投手は、お前になっている」

 

 

 

(今日のジョーク)望ましい体勢

秋のうららかな昼さがりのことだった。
5歳になったジョンが、母親と公園を散歩していた。
すると、途中で、オス犬がメス犬のお尻にのりかかっているのを見つけた。

 

ジョン:「おかあさん、あの犬たちは何をしているの?」

 

母親はうろたえたが、正直に話すことにした。

母親:「あれはね、子犬をつくろうとしているのよ」

ジョン:「ふーん、そうなんだ」

 

母親の困惑をよそに、ジョンは犬たちの様子をしばらくじーっと見ていた。

 


その夜、ジョンは家でトイレに行きたくなり、目を覚ました。
廊下を歩いていると、両親の寝室から、なにやらあえぎ声がする。
ジョンが寝室をのぞいてみると、ちょうど両親が正常位で愛し合っているところだった。

 

ジョンは寝室に入り、両親に向かってこう言った。

 

 


「その体勢じゃない方がいいな。僕は、子犬が欲しいんだ」

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)交通違反の取り締まり

中年の女性が運転する車が、人通りの少ない交差点を通過したとき、たまたま巡回していた若い警官に、信号無視で止められた。

女性:「何か?」

警官:「今、あなたはそこの交差点で、信号を無視して走り去ろうとしましたね。私はこの目でちゃんと見ましたよ。交通違反です。免許証を見せてください」

女性:「私は免許は持っていません」

警官:「え!」

女性:「4年前に飲酒運転で事故を起こし、免許を取り上げられました」

警官:「わ、わかりました。では、クルマの登録証をみせてください」

女性:「ありません」

警官:「え?」

女性:「この車は盗んだものですから」

警官:「盗んだ?」

女性:「はい。このクルマの所有者を殺し、盗みました」

警官:「殺人まで。。。」

女性:「殺した死体はバラバラにして、袋に入れて、後ろのトランクに入れてあります」

警官はこれは自分だけでは手に負えない大事件だと悟った。そこで、警察無線で連絡し、応援を頼んだ。5分後に、2台のパトカーがけたたましいサイレンを鳴らして到着した。そして、6人の警官と刑事が一斉にパトカーを飛び下り、女性が乗っている車を厳重に取り囲んだ。

刑事:「おい女!お前は包囲されている。すぐ、クルマを降りろ!!」

女性:「おや、なにかあったのですか?」

刑事:「とぼけるな。うちの若い警官から、おまはこのクルマの所有者を殺害してバラバラにしてトランクに隠し、さらにクルマを奪って、無免許で逃走中だと報告を受けているぞ!」

女性:「殺人?クルマの盗難?無免許?いったい、何のことでしょう?」

刑事:「何をとぼけている!つべこべ言わず、さっさと、トランクを開けろ!!」

夫人は命じられるままにトランクを開けた。しかし、トランクはカラっぽだった。応援に駆け付けた警官と刑事たちは、あっけにとられた。

刑事:「ご婦人、もしかして、このクルマはあなたのものかな?」

女性:「もちろん、そうですよ。クルマの登録証もこの通りあります」

刑事:「うちの若い警官は、あなたは免許証を持っていないと言っていたが?」

女性:「いいえ。ほら、これが私の運転免許証です」

女性は、バッグから運転免許証を出して、駆け付けた応援の警官と刑事たちに見せた。彼らは免許証を確認し、確かに本物であることを確認して困惑した。

刑事:「ありがとうございます。おかしいな、うちの若い警官は、あなたは無免許運転で、クルマも盗んだもので、しかもそのクルマの所有者を殺して、死体をトランクに入れて運んでいる、と報告してきたんだが」

女性:「とんでもない大嘘だわ!その嘘つきの若い警官は私をハメようとしてるのよ!!きっと、私が信号無視をした、とも言ってませんでしたか?」

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)ジミーの穴掘り

子供のジミーが、暗い顔をして、庭に穴を掘っていた。
お隣のトーマスおじさんがそれを見かけて、声をかけた。

 

トーマス:「やあ、ジミー。どうしたんだい?庭に穴なんか掘って」

ジミー:「僕の金魚が死んだんだ」

トーマス:「それは残念だったね。でも、金魚のお墓にするにしては、その穴は大きすぎないかい?」

ジミー:「いいや」

トーマス:「ん?」

ジミー:「僕の金魚は、おじさんちが飼ってる猫のお腹の中だから」

 

 

 

(今日のジョーク)誕生日のお出かけ

夫: 「今日は君の誕生日だね。せっかくだから、どこかに出掛けようと思うけど、どこがいい?」

 

妻: 「嬉しい!どこでもいいけど、私が行ったことが無いところにしてね」


夫: 「じゃあ、決まった。うちの台所だね」 

 

 

 

(今日のジョーク)未来のApple Watch

お題「人工知能(AI)の進歩で世の中はどう変わるか?」

 

シリコンバレーで成功した一人の金持ちでイケメンの若手実業家の男が、バーの中に入ってきた。

男は、カウンターに美しい女性がいるのを見つけると、さりげなく隣に座り、自分の腕時計をなんどもちらりと見た。

女性はその様子に気づき、話しかけた。

 

女性:「失礼ですが、あなたは何度もご自分の時計を見ていますね。デートの相手が来ないのですか?」

男:「いや。この腕時計は、シリコンバレーの最新テクノロジーを結集して開発された最新人工知能を搭載した未来型のApple Watchの試作品なんですよ」

女性:「へえ。いったい、どういう機能がついてるんですか?」

男:「様々なセンサーがついていて周囲の状況を人工知能が解析し、いろんなことがわかるんです」

女性:「へえ。例えば?」

男:「この時計の人工知能によると、私と一緒にいるあなたは、パンティをはいていない」

女性:「はは。私は今、パンティをはいていますよ」


男:「ん?おかしいな、ちょっと調べてみます。。。ああ、原因がわかりました。時計が1時間進んでいます」

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)善行の記録

マイクが天国の入り口にたどり着いた。
天国に入るための門の脇には天使がいた。
天使は、マイクに天国に入る資格があるかどうか、彼の人生の記録を調べはじめた。

 

天使: 「マイク。君の人生の記録を調べると、特に何か大きな罪を犯したということはなさそうだ。ただ、特別に良いことをしたという記録も見当たらない。困ったな。何か、ここで申告するような善い行いをしたことがあるのであれば、教えてくれないか?」

 

マイク: 「善い行いですって?もちろんありますよ。俺がスラム街をドライブしていた時のことだ。若い女性がチンピラたちに取り囲まれて、脅されているのを見かけたんだ。これは放ってはおけない、と思ったね。だから、俺はすぐにクルマを降り、そいつらに近づいて言ってやったんだ。その女性に手を出すな!ってね」

 

天使:「おお!暴漢に襲われそうになっている女性を助けようとしたのか」

 

マイク: 「そしたら、やつらはオレを取り囲んで睨みつけてきた。そこで俺は、リーダ格のやつをぶっとばしてやった。そして、他の奴らに言ったんだ。おまえら、こうなりたくなかったらとっととこの場から失せろ!!ってね」

 

天使:「それは素晴らしい!ただ、ざっと見たところ、どうもその一件らしいものが君の人生の記録の中に見つからない。それは、いつ頃のことだね?」

 

 

 

マイク:「ほんの2分前です」

 

 

 

 

石原さとみ写真集『encourage』

石原さとみ写真集『encourage』

 
石原さとみ 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-171

石原さとみ 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-171

 

(今日のジョーク)スカイダイビング

マギーは、一生に1度でいいから、スカイダイビングに挑戦したいと思った。

意を決して業者を探し、料金を払い、飛行機に乗った。

 

飛行機は順調に高度を上げ、降下する地点の上空に達した。

 

業者:「さあ、ここが降下地点の上空です。今から飛行機の扉を開けますから、飛び降りてください」

 

マギー:「いよいよですね。ところで、パラシュートはどこですか?」

 

 

 


業者:「一生に1度でいい場合は、パラシュートは不要ですよ」

 

 

 

(今日のジョーク)将来の夢

小学校の教室で、先生が、子供たちに、質問をしている。

 

先生:「大人になったら、何になりたい?」

 

悪ガキのチャーリーが、勢いよく真っ先に手を挙げた。
先生は嫌な予感がしたが、指すことにした。

 

先生:「じゃあ、チャーリー、将来、何になりたいのか、言ってごらん」

 

チャーリー:「そりゃあ、なんっていったって大金持ちだな。普段はマンハッタンの広い高級マンションに住んで、マイアミとプーケットとニースに別荘を買って、年の半分はリゾートでのんびりして、毎晩パーティを開いて、うまいものをたくさん飲み食いして、豪華に遊んで、いい女を恋人にしてはべらせて、毎日3回セックスして、半年に1回は世界一周旅行に出て、一生ラクして、楽しく暮らす。な、夢のような生活でいいだろ?」

 

教室はシーンとなった。

先生も呆れ果てて、何も言えなかった。

 

気を取り直して、教室を見わたすと、ジェニファーが手を挙げた。

先生は内心ホッとした。

 

先生:「ジェニファーは、将来何になりたい?」

 

 

 

ジェニファー:「チャーリーの恋人」

 

 

 

 

(今日のジョーク・特別編)iPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plus発表記念ジョーク4連発

お題「人工知能(AI)の進歩で世の中はどう変わるか?」

 

その1

マツコ・デラックスが、

ついうっかり、

Appleの新型のiPhoneXが置いてある上に座ってしまった。

何かがつぶれた音がして、

マツコ・デラックスは、あわてて立ち上がった。

 

iPhone Xは、iPad Xになっていた。

 

 

 

その2

iPhone Xは防水機能が強化された。

人工知能のSiriがおぼれないようにするためである。

 

 

 

その3

iPhone Xは防水機能が強化された。

実は、値段が高すぎて買って後悔したユーザが涙を流して濡れても、壊れないようにするためである。

 

 

 

その4

アップル・ストアで新型のiPhone 8を買った客が、しばらくして、返品しに来た。

客: 「せっかく買ったんだが、よく見たら欠陥品だったので、返したい」

お店: 「どうしたんですか?」

客: 「リンゴのマークが、誰かにかじられている」

 

 


 

(お断わり)「その1」については、8/17に掲載した「(今日のジョーク)iPhoneジョーク」を一部改編して再掲載しています。