ジョーク、アメリカンジョーク、ブラックジョーク、大人のユーモア、今日のジョーク ~笑えるネタを日本語で~

世界のジョークを日本語でまとめて紹介していきます。欧米の小ばなしにはそのようなものが多いため、品の良いものだけではないことをご了承ください。面白い一言、名句も紹介します。笑いやユーモアは心の潤滑油。日常の中の気晴らしのページとして気軽にお楽しみください。

(今日のジョーク)人工知能(AI)の功罪

お題「人工知能(AI)の進歩で世の中はどう変わるか?」

 

ボブと友人のマイクが、最新の機械学習とディープ・ラーニング機能を搭載した人工知能(AI)端末について話している。

 

ボブ:「この前、人工知能に命を助けられたんだ」

マイク:「へえ。どうやって」

ボブ:「忘れていた妻の誕生日を、教えてくれたのさ」

 

 

 

しかし、数日後、マイクは浮かない顔をしているボブに会った。

 

ボブ:「結局、人工知能のせいで、妻と別れることになったよ」

マイク:「え?どうしてだい?」

ボブ:「妻と食事してるとき、オレの浮気相手の誕生日を教えてくれたんだ」

 

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)無人島と魔法のランプ

乗っていた船が難破し、エミリー、ジェーン、メアリーの3人が絶海の孤島に流されてしまった。3人の女性は仲良く力を合わせ、この無人島でなんとか生き抜いた。

 

そして、6年の月日が流れた。

 

大きなハリケーンが島を通過した翌日、

3人は金色のランプが砂浜に漂着しているのを見つけた。

それは魔法のランプだった。

 

ランプをこすると、アラブ風の恰好をした大きな魔人が現れ、こう言った。

 

魔人:「おまえたちの願いを、ひとりひとつずつ、かなえてやろう」

 

そして、魔人は、3人の女性たちの願いごとを、ひとりずつたずねた。

 

エミリー:「私はもう何年もこの島にいます。なんとか家族の元に帰してください」

 

魔人:「いいだろう。えーい!」

 

こうして魔人が呪文を唱えながら大きく手を振ると、

エミリーは白い煙に包まれ、姿を消した。

 

ジェーン:「私も、もう何年もこの島にいます。家族の元に帰してください」

 

魔人:「いいだろう。えーい!」

 

またしても魔人が呪文を唱えながら大きく手を振ると、
ジェーンも白い煙に包まれ、やはり姿を消した。

 

こうして仲良しだった2人が急にいなくなり、

1人になったあせりと淋しさを感じたメアリーは、

魔人の前で、思わずこうつぶやいた。

 

 

メアリー:「2人ともすぐに戻ってきて」

 

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)危険な食べ物

食べ物が健康に及ぼす影響について研究しているヨーロッパとアメリカの国際共同研究チームが、最新のコンピュータを用いて統計学を駆使し、特定の食べ物と健康について驚くべき関係性があることを発表した。

 


1.がんを宣告されたフランス人の90%以上が、ほぼ毎日パンを食べていた

 

2.交通事故で死んだアメリカ人の実に90%以上が、普段の生活で1日1回以上パンを口にしていた

 

3.救急車で病院に運び込まれるイギリス人のやはり90%以上が、その24時間以内にパンを食べていた

 

4.パンを主食として食べている人のうちの半数の寿命は、平均寿命以下である

 

 

結論: 統計的にみて、パンは、人間の健康に害を及ぼす可能性の高い、極めて危険な食べ物である。

 

 

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)夫婦のゴルフ

晴天の日。
夫婦が仲良くゴルフに出かけた。
一緒にラウンドを回りながら、妻がグリーン上でパットの準備をしている夫に話しかけた。

 

妻: 「ねえ、あなた。もし、私が死んでも、そのあと、再婚なんてしないよね?」

夫: 「ああ、しないさ」

妻: 「本当かなあ?あなたのことだから、そうなったら寂しくなって、そのうち誰かと再婚しちゃうんじゃない?」

夫: 「(苦笑しながら)まあ、本当にそんなことになったら、するかもね」

 

妻はしばらく黙っていたが、再び尋ねた。

 

妻: 「もし、私が死んで、あなたが再婚したら、その女の人ともこうやって一緒にゴルフする?」

夫: 「何をバカなこと言ってんだよ(苦笑)。そんなの、そのときになってみないとわからないさ」

妻: 「そうよね。でも、もしそうなったら、やっぱり一緒にゴルフに行って、私のこのゴルフセット、使わせちゃったりして」

 

 

 

夫:「ハハハ。それは無いよ。彼女は左利きなんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)100階のバー

高層ビルの100階にある高級バーのカウンターに一人の男が座り、ウイスキーを注文した。

 

男は目の前に置かれたウイスキーを静かに飲み干すと、突然、窓を開けてグラスを外へ放り投げた。
続けて男は、なんと!自分もその窓から身を投げてしまった。

 

それを近くで見ていた初老の紳士が、「大変だ!」と叫んだ。
しかし、しばらくして、窓から身を投げたはずの男が、グラスを持って平然と戻ってきた。

 

紳士はびっくりして男に尋ねた。

「あなたは、さっき、グラスを窓から捨て、さらに身を投げましたよね?ここは100階ですよ!」

男はうなずくと、また同じことをやり、今度はそのまま宙に浮いてみせた。
そして、微笑みながら手を広げ、こう言った。
「このビルは不思議な構造でね。ほら、この通り!外に飛び出しても宙に浮くんだ」

 

紳士はそれを見て、自分も窓から飛び出してみた。
しかし、紳士の方は宙に浮くことはなく、そのまま落下してしまった。

 

一方、男の方はバーのカウンターに戻って、また平然とウィスキーを注文して飲みはじめた。

 


この一連のやりとり見ていたバーテンダーが、カウンターの向こうで、ため息をつきながら男に言った。

 

 

 

「相変わらず酒癖が悪いですな、スーパーマン

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)特技

アリスとボブが、初めてのデートで特技の話題をしている。

 


アリス:「アタシは、誰より早く暗算ができるの」

 

ボブ:「へえ、それはすごいね。じゃあ、2019 ÷ 673は?」

 

アリス:「41」

 

ボブ:「ははは。全然違うじゃないか」

 

 

 

アリス:「そうかもしれないけど、早かったでしょう?」

 

 

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)北朝鮮ジョーク・金正恩ジョーク (その2)

お題「北朝鮮と金正恩」

 

一人の北朝鮮の労働者が、
平壌ピョンヤン)の金日成広場で、

 

「この国は地獄だ!金正恩キム・ジョンウン)はこの地獄を支配する愚かな悪魔だ!!」
と叫びながら走り回った。

 

すぐに秘密警察がやってきた。

 

労働者は取り押さえられ、
口にテープをはられ、
連行され、
取り調べを受け、
裁判にかけられた。

 

迅速に判決が下され、
裁判長は、男に、強制収容所行きを言い渡した。

 

罪状は、
北朝鮮の最重要国家機密を漏らした罪」
であった。

 

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)体調不良

 

夫婦が病院にやってきた。
夫の方はかなり体調が悪かった。
夫は精密検査を受け、その後、妻が医師に呼び出された。

 

そして、医師はこう告げた。

 

「あなたのご主人は、大変重いストレスにさらされています。もし、これから私がお伝えすることをあなたがしなければ、そう遠くないうちにあなたのご主人は死んでしまうでしょう」。

 

しかし、次のことをやれば、確実に助かるという。
医師はつづけた。

 

「いいですか。まず、毎朝栄養のバランスがとれた健康的な朝食を作ってあげてください。昼食は自然食。当然、夕食もです。けして、ご主人に向かって怒鳴ったりしてはいけません。常にニコニコしながら、優しく話しかけてあげるようにしてください。もし、ご主人が不満を言えば、辛抱強く、うなずきながら、静かに聞いてあげてください。そして、毎週1回は愛しあい、いつも規則正しい生活をおくれるようにしてあげてください。あなたが献身的に努力すれば、ご主人は3か月もしないうちに、必ず回復しますよ」。

 

 

病院から帰る途中、夫は妻に聞いた。

夫: 「で、医者はなんて言ってた?」

 

 


妻はぶきらぼうに答えた。

 

妻: 「あんたは助からないってさ」

 

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)1+1の答え

小学生と、哲学者と、会計士と、弁護士が同じ質問を受けた。

「1+1の答えは?」

 


小学生: 「2です」

 

哲学者:「そこに隠された真理の意味を厳密に証明して答えるのは難しい」

 

会計士:「おそらく2だと思われるが、EXCELで計算して、監査を受けないと確定できない」

 

弁護士:「依頼主の希望と、弁護料次第です」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知性の限界――不可測性・不確実性・不可知性 (講談社現代新書)

知性の限界――不可測性・不確実性・不可知性 (講談社現代新書)

 

(今日のジョーク)白雪姫 (その1)

白雪姫は王子様と出会い、めでたく結婚することになった。
ただし、王子様の父親である王の命令によって、
白雪姫は、結婚の前に、精密検査を受けることになった。

 

王国の一流の医師たちが最新の医療検査機器を駆使し、入念に検査を行った。

 

そうしてチェックを終えた白雪姫の健康状態はレポートとしてまとめられ、医師団の代表が王様に報告することになった。

 


王様:「今度、うちの王子と結婚する白雪姫の健康状態はどうかね?」

医師:「はい。医師団は全力をあげて姫の健康状態を確認しましたが、どこにも異常は見あたりませんでした。白雪姫は健康そのものです。このまま王子様と結婚されても、何も問題はございません」

 

王様:「おお、それはよかった!」
医師:「ただ、ひとつだけ、気になることが。。。」
王様:「ん?なんじゃ、それは?」

 

 

 

医師:「処女膜に小さな穴が7つあいておりました」

 

 

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)女ごころと心変わり

チャーリーのスマホに、

先週婚約を解消して別れたばかりのジュディから、突然メールが届いた。

そこには次のように書かれてあった。

 

 

愛しのチャーリー、

 

今、あなたのことを思うと、夜も眠れません。

あのとき私は、きっと、どうかしていたの。

婚約を解消して別れて欲しい、なんて言った私のこと、許してくれる?

あなたとなら、きっと幸せになれる。

そう確信しています。

愛しています。

 

あなたのジュディより

 

 


追伸

 

宝くじ1等当選おめでとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)青ざめたメロン農家

お題「最近青ざめた話」

 

メロンを栽培している農家が、メロンの盗難に悩んでいた。

そこである日、一計を案じ、

次のような注意書きを入れた看板を立てることにした。

 

「この中に一つだけ、猛毒の入ったメロンがあります」

 

盗難は止んだ。

農家の主人は、うまくいった、と胸をなでおろした。

 

やがて、収穫の時期がやってきた。

農家の主人が畑へ行くと、真新しい別の看板が立てられていた。

主人はそれを見て青ざめた。

 

そこには次のように書かれていた。

 


「猛毒の入ったメロンを、もうひとつ増やした」

 

 

 

 

 

 

 

 

[rakuten:yourtec:10000704:detail]

(今日のジョーク)懺悔(ざんげ)の中身

医者のジョンは診察中、
治療していた相手の胸と下半身を目にして、つい、欲情してしまった。

 

どうしても衝動を抑えきれなくなったジョンは、
そのままみだらな行為に及んでしまった。

 

ことが終わり、乱れた白衣を再び身にまといながら、
ジョンは、ふと、われに返り、
自分は医療に従事する者として最低のことをしてしまった、
という強い罪の意識にさいなまれた。

 

そこで、翌日、教会へ行って懺悔(ざんげ)することにした。

 

 

 

 

 

「神さま、獣医としてあるまじきことをした私をお許しください」

 

 

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)iPhoneジョーク

ぽっちゃりした体形の女性が、
気づかず、ついうっかり、
iPhoneが置いてある上に座ってしまった。

 

何かがつぶれた音がして、

女性は、あわてて立ち上がった。

 

 

 

 

 

 

iPhoneは、iPadになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

(今日のジョーク)許可証

男性の薬剤師が店番をしている薬局に、一人の夫人が現れた。

 

夫人: 「ヒ素を売ってくださいませんか?」
薬剤師: 「ヒ素ですって?猛毒ですよ。許可証なしには売れないことになっています。何に使うのですか?」
夫人: 「夫を殺害したいのです」
薬剤師: 「何ですって!であれば、絶対に売れません」。

 

夫人は、黙って、財布から1枚の写真を取り出した。
そこには、ベッドで裸で抱き合っている男女の姿が写っていた。

 

夫人: 「この抱き合っている男女のうち、男の方は私の夫です」

 

薬剤師はその写真をじっと見た。
写っている相手の女の方は、薬剤師の妻だったのだ。

 

 

薬剤師は目を光らせ、声を潜めて、夫人にこう答えた。

薬剤師: 「失礼しました。処方箋をお持ちだったのですね」